司書・司書補 講習講師からのメッセージ
足立 祐輔
あだち ゆうすけ
司書講習
図書・図書館史
図書館情報資源概論
司書補講習
図書館の資料・図書館サービスの基礎
プロフィール
1955年生で福岡県出身。1979年愛知学院大学文学部歴史学科卒業、1982年 愛知学院大学附属図書館に勤務し、その後他部署を経て、1999年に再び現図書館情報センターに配属され、2018年3月まで勤務。大学図書館勤務歴28年。 2007年から図書館情報センター事務長、2016年から2017年まで同次長。2002年から2014年まで愛知図書館協会研修委員、2007年から2016年まで同協会理事。2011年から2014年まで私立大学図書館協会 研究助成委員会委員、2015年から2016年まで同協会 協会賞審査委員会委員。2009年から愛知学院大学司書講習非常勤講師、2014年から同司書課程非常勤講師、2019年から日進市図書館協議会副委員長、現在に至る。
受講生のみなさんへ一言
図書館情報資源概論および図書館の資料の講義では、できるかぎり実際の資料をもちいながら各種図書館資料の解説をします。図書館の資料について幅広くお話しをしたいと思っています。 図書・図書館史の講義では、配付プリントに沿って、図書館サービスの基礎の講義では、テキストに沿って進めて行きます。
伊藤 真理
いとう まり
司書講習
情報サービス論
プロフィール
音楽大学附属図書館に勤めた後、現在は愛知淑徳大学で教員をしています。
研究領域は楽譜やAV資料などを対象とした情報検索サービス、そのために必要とされるメタデータ、 サブジェクトライブラリアン育成についてです。
受講生のみなさんへ一言
情報技術の発展により、情報サービスのあり方も変化しています。近年は教育的機能も重視されています。
様々な情報資源を適切に活用して、サービスに活かしていく知識やスキルを学んで下さい。
講師のHPはこちら
http://www2.aasa.ac.jp/people/mritoh/
浦部 幹資
うらべ かんじ
司書補講習
図書館の基礎
プロフィール
大学卒業後、1974年にこの司書講習で司書資格を取得。1975年愛知県に司書として採用され、県立大学、県立芸術大学、芸術文化センターアートライブラリー、県図書館に勤務した。現在は大学などで司書資格取得科目を担当している。 図書館について学んだり、考えたりするほかに、人形浄瑠璃(文楽)や江戸から明治出版についても関心をもっている。
受講生のみなさんへ一言
この講習は、市民のために図書館サービスができる人を育てるものです。それには、みなさん自身が、図書館サービスを知ることが大切です。講習を受けるだけでなく、できるだけ多くの図書館に足を運び、実際に図書館を利用してみてください。
川瀬 綾子
かわせ あやこ
司書講習
情報資源組織論・情報資源組織演習<目録>
プロフィール
子ども図書館や病院図書室、学校図書館の勤務を経て、司書科目を教えています。
受講生のみなさんへ一言
情報資源組織論、情報資源組織演習(目録)を担当します。難度の高い科目になりますが、1コマずつゆっくり学習を進めていきましょう。
榊原 博美
さかきばら ひろみ
司書・司書補講習
生涯学習概論
プロフィール
愛知県名古屋市出身。専業主婦として子育てに関わる中で名古屋市の生涯学習センターでの学びを体験し、子どもを育てている人にこそ学習が必要との思いから公民館保育室実践の研究への着手を契機に自らも生涯学習を実践。その後名古屋大学大学院教育発達科学研究科にて社会・生涯教育学研究室に所属し社会教育、生涯学習について研究。生涯学習施設での学習支援などにも関わる。
受講生のみなさんへ一言
図書館は戦前からの代表的な社会教育施設の一つです。そのあり方は地域住民の生涯学習の質の保証に関わる重要な役割を果たします。人々が生涯にわたって学び続けることの意義を背景とした図書館を通じての学習支援者としてみなさん自身学び続ける司書としてのあり方を目指して共に学びを深めていきましょう。
谷本 達哉
たにもと たつや
司書講習
情報資源組織演習
<分類>
プロフィール
大阪の政令指定都市、堺にある羽衣国際大学が本務校です。専門は図書館情報学で、愛知学院大学での講習と同様、自身の大学でも司書資格に関わる課程科目を中心に、図書館や情報に関係する授業を教えています。こちらの講習を担当するようになって十数年、わたくしの夏の大きな行事になりました。
受講生のみなさんへ一言
皆さんにとってこの講習は司書資格を取得するという大きな目標をお持ちになってのご参加でありましょう。そこにもう一つ"図書館を見つめ直すための機会である"ことを加えてみてください。図書館について「あんなこと、こんなこと・・・!」、様々な角度から図書館を眺めてみることはとても意味のあることになるでしょう。
二宮 克美
にのみや かつみ
司書講習
児童サービス論
司書補講習
児童サービスの基礎
プロフィール
昭和26年2月16日生まれ。名古屋大学教育学部卒業。名古屋大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。教育学博士。専門は発達心理学。現在、愛知学院大学総合政策学部客員教授。趣味は音楽演奏と鑑賞。
受講生のみなさんへ一言
児童心理学の基礎知識をベースに、絵本の読み聞かせや紙芝居などの実習を通して、楽しく児童サービスを学びましょう。ブックトークができるよう、日頃読んでいる本を味わいましょう。
福島 金治
ふくしま かねはる
司書講習
図書館基礎特論
プロフィール
昭和54年、神奈川県立金沢文庫に奉職。学芸員として、古文書を主に担当し、博物館の調査・研究・展示・教育普及の仕事を行ってきた。平成11年、愛知学院大学文学部に奉職。歴史学科で日本中世史を担当している。
受講生のみなさんへ一言
博物館と図書館は、ともに生涯学習施設の根幹をなす施設であるが、その資料管理・レファレンスなどについては、館の特性によって異なった側面もある。また、文書館の設置も全国的に広がるなかで、その役割分担と協業の関係について考えることが重要であり、施設を生涯学習の一環の中でうまく使っていただきたい。
藤原 是明
ふじわら よしあき
司書補講習
資料の整理演習
プロフィール
岩手県出身。いくつかの大学図書館にて17年間勤務。司書養成教育に25年間従事。司書教諭養成教育に20年間従事。
受講生のみなさんへ一言
資料の整理(情報資源の組織化)は、図書館での仕事の要(かなめ)です。しっかりと、基本的な技術を習得してください。
松林 正己
まつばやし まさき
司書講習
情報資源組織演習
<目録>
プロフィール
研究テーマ:アメリカ研究図書館形成史
研究領域:研究図書館史、図書館情報学理論と哲学(社会認識論等)、資料組織法
専門外の関心:哲学Richard Rorty、Michel Foucaultや現象学系哲学の記述論は書誌学の基本に通じる。
よく使う図書館@my library:名古屋市鶴舞中央図書館、米国議会図書館(Library of Congress: LC)、ニューヨーク公共図書館本館(New York Public Library: NYPL)と分館、ジョンズ・ホプキンス大学ミルトン・S・アイゼンハワー図書館 イェール大学スターリング記念図書館(Yale University Sterling Memorial Library, Manuscript & Archives)
編集を担当していた業界誌:『カレント・アウェアネス』(URL: http://current.ndl.go.jp/) 情報科学技術協会会誌「情報の科学と技術」 両誌ともopen accessで就活対策にも有効、ご活用下されば幸い。
趣味:映画を観ること クラシックを聴くこと
著書:図書館はだれのものか(正続)(2007/10)
受講生のみなさんへ一言
本演習では、OPAC等の書誌情報が、いかに生成されるかを体験的に学習・理解する。書誌情報をベースに世の知識体系が構成されているのは、検索エンジンを使えばよく判る。情報リテラシーは、情報コミュニケーション技術(ICT)だけではなく内容も精確に理解する必要がある。目録文化の差異は、まさに異文化理解。目録情報ネットワークは図書館の自律神経系ともいえ、その作成の基本を体験する。自動生成されるメタデータも原理は同じ。楽しく学びあいましょう。
松本 義宏
まつもと よしひろ
司書講習
情報サービス演習
プロフィール
愛知学院大学商学部卒業。
愛知学院大学大学院商学研究科修士課程修了。
愛知学院大学大学院商学研究科博士課程満期退学。
愛知学院大学大学院商学研究科研究員を経て、
現在、名古屋外国語大学現代国際学部非常勤講師。
受講生のみなさんへ一言
図書館とは学部生からのとても長い付き合いです。図書館の情報検索は、 国内・海外の文献や論文を検索し、入手するための貴重な情報源です。文献・論文以外のさまざまな情報が図書館にはあり、 生活との関わりも深いので、受講生の方々にはこの図書館や情報検索の素晴らしさを伝えていければと思います。
村上 昇平
むらかみ しょうへい
司書補講習
資料の整理
プロフィール
1979年愛知県に司書として採用され、県図書館や県立大学などに勤務。県図書館資料支援課長を最後に2016年退職。在職中に県図書館の建設や県立大学の移転開学を担当するとともに、県図書館では市町村立図書館の支援活動や大学図書館との連携協力に主に携わる。
受講生のみなさんへ一言
「図書館は成長する有機体である」とインド図書館学の父と呼ばれるランガナタンは述べています。かつては印刷媒体が中心であった情報発信の方法は、インターネットの普及に伴って大きく変化しており、図書館もそうした環境や利用者のニーズに合わせて変化しています。この講習を受講することで、これからの図書館に対応できる司書を目指してください。
園田 俊介
そのだ しゅんすけ
司書講習
情報資源組織演習(分類)
プロフィール
大学図書館や専門図書館での勤務を経て、愛知県津島市立図書館の館長を務めています。現在は複数の大学で非常勤講師も兼任しています。図書館では館の運営に携わる傍ら、地域資料の積極的な収集・整理・活用を行い、得られた成果を地域へ還元するよう取り組んでいます。
受講生のみなさんへ一言
演習では情報資源をどのように分類し整理していくのかを、さまざまな事例を交えつつ実践的に学んでいきます。 分類についての考え方や方法は、図書館業務や情報サービスを行う上でとても重要です。 しっかりと習得できるように頑張りましょう。
田中 敦司
たなか あつし
司書講習
図書館制度・経営論
プロフィール
1959年名古屋市生まれ。 愛知県立大学卒業後、名古屋工業大学附属図書館事務補佐員を経て、名古屋市職員に司書として採用。司書12.5年、係長13年、館長12年を務めて退職。 名古屋市の図書館で再任用短時間勤務職員として働きながら、大学の非常勤講師を務める。
受講生のみなさんへ一言
「図書館制度・経営論」は理論的な話も多いですが、経験を生かした現場の話も盛り込みながら進めたいと思います。 夏の暑い時期に受講するのはとても大変ですが、体調に注意しながら学んでください。
村上 篤太郎
むらかみ とくたろう
司書講習
図書館サービス概論
プロフィール
名古屋市生まれ。南山大学文学部卒業。南山大学図書館、慶應義塾大学メディアセンター等を経て、2019年から東京農業大学学術情報課程教授に就任し、現在に至る(大学図書館員歴30年)。司書資格は、南山大学図書館在職時に、図書館情報大学(現筑波大学)で図書館職員を対象とした司書講習で取得。慶應義塾大学メディアセンター在職時に、慶應義塾大学大学院文学研究科図書館・情報学修士課程委託研究生を修了。これまでに東京家政大学、愛知学院大学、南山大学、立正大学、昭和音楽大学の非常勤講師を経歴。現在は実践女子大学の非常勤講師を兼務。日本農学図書館協議会理事。『日本農学図書館協議会誌』編集委員。
受講生のみなさんへ一言
昨年からのコロナ禍で、感染対策をした上での夏の暑い時期の2ヶ月以上に及ぶ長丁場ですので、まずは万全の体調で参加できるようにしてください。私も今から38年前の若き日に、夏の司書講習を受講した経験がありますので、大変さはよくわかっているつもりです。司書講習で苦労されたことなどは、その後のあらゆるお仕事等に必ずや活きてきます。私もそうでした。どうぞ、ご健康に留意されて、最後まで笑顔で乗り切りましょう。皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
山口 拓史
やまぐち たくじ
司書補講習
図書館特講
プロフィール
1962年、兵庫県生まれ。 大阪教育大学教育学部、名古屋大学大学院教育学研究科で学び、名古屋大学(助手・助教)、愛知医科大学(学務監)を経て現職(愛知学院大学教養部教授)。 専門分野は教育学、アーカイブズ学。
受講生のみなさんへ一言
図書館特講(1単位)のみの担当ですが、教育学やアーカイブズ学の視点から図書館を考えることを通して、司書補としての知見を豊かにしていただきたいと思います。
松薗 斉
まつぞの ひとし
司書講習
図書館概論
プロフィール
当大学の文学部歴史学科において日本の古代・中世の主に文化史を担当。専門は、古代から中世にかけての天皇・貴族(公家)、および朝廷の制度・政治・文化。関連して、天皇・貴族及び僧侶・武士その他の日記を中心に、さまざまな情報の記録化、その保管、さらに利用の問題を扱っている。そこでは、それらを当時の社会において担っていた国家や「家」及びその文庫の問題も研究している。
受講生のみなさんへ一言
本論では、図書館という近代的な組織・機関の概略を理解するだけではなく、それらを生み出してきた歴史的な背景をさぐりながら、多様化する現在の図書館の機能にたどり着く以前の本来的な目的、例えばなぜ「本」は保管しなければならないのか、なぜ図書館は「本」を保管するだけではなく、貸し出さなければならないのかなど、いろいろ考えてみてください。
吉田 聡
よしだ さとし
司書講習
図書館情報技術論・情報サービス演習Ⅰ(情報検索)
司書補講習
情報検索サービス
プロフィール
2001年より愛知学院大学商学部に勤務。 専門分野はソフトウェア工学、プログラミング、コンピュータシステム論、情報教育。 現在は愛知学院大学商学部教授および情報処理教育センター所長を務めています。
受講生のみなさんへ一言
図書館においても、ICT(情報通信技術)を活用する機会が多くあります。 コンピュータや情報ネットワークのしくみ、それらの効果的な活用方法など楽しく学びましょう。
山本 宗由
やまもと むねよし
司書補講習
レファレンス資料の解題
プロフィール
愛知淑徳大学大学院文化創造研究科修了(修士:図書館情報学)。愛知県立芸術大学大学院音楽研究科修了(修士:音楽)。現在は音楽図書館の研究をしながら現場でも働きつつ、文化施設の資料整理なども行っています。 これまで大学図書館を中心として勤務してきましたが、最近は司書の専門性について、図書館というハコに留まらないように考えるようになりました。
受講生のみなさんへ一言
司書の活躍の場は図書館に留まりません。多様な情報があふれる現代社会で、適切に情報を使いこなす司書の力は必要とされています。様々な場面で問題を解決するための、情報の扱い方を学んでいきましょう。
天野 由貴
あまの ゆき
司書講習
情報サービス演習Ⅱ(レファレンス)
プロフィール
愛知県出身。1986年椙山女学園大学短期大学部文学科英文専攻を卒業、司書資格を取得。1986年から椙山女学園大学図書館に司書として勤務、1999年からは椙山女学園高・中図書館に学校図書館司書として勤務しながら、2003年愛知淑徳大学文学研究科図書館情報学専攻博士課程前期課程入学、2005年愛知淑徳大学文学研究科図書館情報学専攻博士課程後期課程入学、2008年愛知淑徳大学文学研究科図書館情報学専攻博士課程後期課程単位取得満期退学。図書館情報学修士。2012年から椙山女学園大学に異動。
2010年から愛知淑徳大学非常勤講師、2013年大学間連携共同教育推進事業「愛知県内教員養成高度化支援システム構築 学校図書館司書教諭資格認定のためのコンテンツ開発に関するワーキンググループ」メンバー、2015年から2019年まで愛知教育大学非常勤講師。
2008年から日本図書館協会利用教育委員会委員、2011年『問いをつくるスパイラル ― 考えることから探究学習を始めよう!』を執筆および編集。2016年から「学校図書館を使った調べる学習コンクール」審査員。2013年愛知県学校図書館協会より愛知県学校図書館功労賞受賞。
所属学会:図書館情報学会
受講生のみなさんへ一言
図書館での実務経験をふまえながら、情報サービスやレファレンスサービスについて実践的な内容を講義します。また演習を体験することで、講義内容を理解する科目でもあります。
天野 由貴
あまの ゆき
司書補講習
レファレンスサービス
プロフィール
愛知県出身。1986年椙山女学園大学短期大学部文学科英文専攻を卒業、司書資格を取得。1986年から椙山女学園大学図書館に司書として勤務、1999年からは椙山女学園高・中図書館に学校図書館司書として勤務しながら、2003年愛知淑徳大学文学研究科図書館情報学専攻博士課程前期課程入学、2005年愛知淑徳大学文学研究科図書館情報学専攻博士課程後期課程入学、2008年愛知淑徳大学文学研究科図書館情報学専攻博士課程後期課程単位取得満期退学。図書館情報学修士。2012年から椙山女学園大学に異動。
2010年から愛知淑徳大学非常勤講師、2013年大学間連携共同教育推進事業「愛知県内教員養成高度化支援システム構築 学校図書館司書教諭資格認定のためのコンテンツ開発に関するワーキンググループ」メンバー、2015年から2019年まで愛知教育大学非常勤講師。
2008年から日本図書館協会利用教育委員会委員、2011年『問いをつくるスパイラル ― 考えることから探究学習を始めよう!』を執筆および編集。2016年から「学校図書館を使った調べる学習コンクール」審査員。2013年愛知県学校図書館協会より愛知県学校図書館功労賞受賞。
所属学会:図書館情報学会
受講生のみなさんへ一言
図書館での実務経験をふまえながら、レファレンスサービスについて実践的な内容を講義します。また演習を体験することで、講義内容を理解する科目でもあります。

Top